書き順
なりたち
 形声 音符は兼(けん)。兼は、二本の禾(か・いね)を併せて手に持つ形。一本の禾を手に持つ形は秉(へい・とる)。二本あわせ持つということは、一本の禾のみを秉(と)るのに比べて、不充分・不満足であるとする意味があるのであろう。嗛(けん)・歉(けん)はいずれも心に満足せず、あきたらぬと言う意味の字である。不満足である。あきたらぬの意味を人間関係に移して嫌という。それで嫌は人を「きらう」の意味となる。
そのほか
画 数 13画
部 首 おんなへん
音読み げん・呉音
けん・漢音
訓読み きら-う
いや
用例 嫌悪(けんお)
嫌忌(けんき)
嫌疑(けんぎ)


なかまのかんじ

女のある漢字
兼のある漢字