書き順
なりたち
 形声 音符は干(かん)。「説文」に、車の前に突き出した二本の棒である、轅(ながえ)が上に曲がり、車箱に覆(おお)いをかけた車の名であるという。楽器を室内の三面に繫(か)けることを軒懸(けんけん)というので、三面のある建物を、廊下・窓・欄干も含めて軒という。そのような建物は高い建物なので高軒(高い建物)といい、意気ごみが盛んなことを意気軒昂(けんこう)という。また軒は家ののき(屋根の一番下の壁や柱から外に張り出した部分)の意味に用いる。
そのほか
画 数 10画
部 首 くるまへん
音読み こん(外)・呉音
けん・漢音
訓読み のき
用例 軒灯(けんとう)
軒数(けんすう)
軒昂(けんこう)


なかまのかんじ

建物の漢字
車のある漢字
干のある漢字 
年1 岸3 幸3 平3 刊5 幹5 干6