書き順
なりたち
 会意 𨸏(ふ)と𡭴(げき)とを組み合わせた形。𨸏(ふ・阝)もとの形は とかき、天にいる神が陟(のぼ)り降りするときに使う神の梯(はしご)の形。日は玉(ぎょく)の形で、𡭴は、玉光が上下に放射している形。神梯(しんてい)の前に玉をおき、玉光が放射することによって神が現れることを隙という。その光が他にもれることから、「ひま、すき、すきま」の意味となるのであろう。
そのほか
画 数 13画
部 首 こざとへん
音読み きゃく(外)・呉音
けき(外)・漢音
げき・慣用音
訓読み すき
用例 間隙(かんげき)
空隙(くうげき)
寸隙(すんげき)


なかまのかんじ

阝のある漢字
小のある漢字
日のある漢字