書き順  
なりたち
 形声 音符は、敄(ぶ)。敄は矛(ぼう)と攴(ぼく)とを組み合わせた形。攴は打つの意味があり、矛(ほこ)をあげて人にせまり使いこなすの意味がある。「玉篇」に「強(つと)めるなり」という。力(りょく)は耒の形であるから、農耕につとめることを務といい、のちすべて「つてめる、はげむ、つとめ」の意味に用いる。努・勉も、もと農耕に勤めることをいう。
そのほか
学 年 5年
画 数 11画
部 首 ちから
音読み む・呉音
ぶ(外)・漢音
訓読み つと-める、つと-まる
用例 事務(じむ)
業務(ぎょうむ)
法務(ほうむ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
つとめ・つとめる 義務・任務・急務・公務
なかまのかんじ

矛のある漢字  務5
攵のある漢字
力のある漢字