書き順  
なりたち
 会意 日と獣の死骸(しがい)の形とを組み合わせた形。獣の死骸が太陽にさらされている形で、「さらす」の意味となり、さらけだすことから、「あばく」の意味となる。強い日照(ひで)りにさらされて、死骸がたちまち分解して骨があらわになることから、「たちまち、にわか、あらわれる」の意味に用いる。暴が暴虐(心が粗く、人を苦しめること)・乱暴(荒々しい行いをすること)のように、「あらい」の意味に用いられるようになって、「さらす」の意味の字としてさらに日を加えた曝(ばく)が使われるようになった。国語では「あばれる」とよみ、町の中で暴れる、暴れん坊のようにいう。
そのほか
学 年 5年
画 数 15画
部 首
音読み ぼう・呉音
ばく(中)・慣用音
訓読み あば-れる、あば-く(高)
用例 暴力(ぼうりょく)
暴動(ぼうどう)
横暴(おうぼう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
激しく荒々しい 乱暴・暴言・暴行・暴風
度を過ごす 暴飲・暴食・暴利
だしぬけに 暴発・暴落
素手で打つ 暴虎馮河
日光にさらす 一暴十寒 
あばく 暴露
曝 (ばく)と通用 一暴十寒・暴露
なかまのかんじ

日のある漢字
八のある漢字
共のある漢字
氺のある漢字
暴のある漢字  暴5