書き順  
なりたち
 会意 人と子と褓(ほう)とを組み合わせた形。褓(むつき)は生まれた子に着せる産着(うぶぎ)で、この字では祖先の霊をよりつかせる(乗り移らせる)ための衣であり、また霊を守るための衣でもあった。甲骨の字形は、生まれたばかりの子に褓をそえて抱く形で、新生児に祖先の霊を授け、その霊を守る儀式を示す。金文1の字形の子どもの右下にそえている曲線が褓であり、金文2の字形は霊の力のある玉(ぎょく)を加えた(ほ)に作る。新生児に霊を授け、その霊を守る儀礼を保といい、「たもつ、霊をまもる、まもる、たすける、やすんずる」などの意味に用いる。
そのほか
学 年 5年
画 数 9画
部 首 にんべん
音読み ほう・呉音
ほ・慣用音
訓読み たも-つ
用例 保有(ほゆう)
保持(ほじ)
保全(ほぜん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
養い育てる 保育・保母
大切に守る 保安・保健・保護・保身
たもつ 保温・確保・保守・保存
請け合う 保険・保釈・保証・保障
雇われ人 酒保
隣組 隣保
「保険」の略 健保・国保・生保
なかまのかんじ

教科の漢字
人体に由来する漢字
イのある漢字
口のある漢字
木のある漢字