書き順  
なりたち
 会意 戈(か)と止とを組み合わせた形。止は趾(あしあと)の形で、甲骨文字の字形は之(し・ゆく)と同じで、行く、進むの意味がある。戈(ほこ)を持って進む形が武で、それは戈を執(と)って戦うときの歩き方であるから、「いさましい、たけし、つよい」の意味となる。また、戈を持って進む「もののふ、武士」の意味に用いる。武は文と並ぶ徳の名とされ、文徳に対して勇を重んじる武徳をいい、文武と対称される。
そのほか
学 年 5年
画 数 8画
部 首 とめへん とめる
音読み む・呉音
ぶ・漢音
訓読み たけし(外)、もののふ(外)
用例 武士(ぶし)
武芸(ぶげい)
武者(むしゃ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
強く勇ましい 武勇・威武・勇武
平らに敷き広げる 武運・武官・武術・武力
ひとまたぎ 歩武
武蔵 (むさし) 国 武州・総武線
なかまのかんじ

武器に由来する漢字
弋のある漢字
式3 代3 試4 貸5 武5
卜のある漢字
止のある漢字