書き順  
なりたち
 形声 もとの字は獨に作り、音符は蜀(しょく)。蜀に韣(とく・ゆみぶくろ)の音がある。蜀は牡(おす)の獣の形で、虫(き)の部分はその性器の形。牡の獣は群れを離れていることが多いので、獨は一匹の獣の意味から、人に移して「ひとり」の意味に用いる。特・徒と通じて「ただ」ともよむ。
そのほか
学 年 5年
画 数 9画
部 首 けものへん
音読み どく・呉音
どく・漢音
訓読み ひと-り
用例 独自(どくじ)
独学(どくがく)
独力(どくりょく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ひとり者 独身・孤独 
ただひとり 独奏・独特・独白・独立
自分だけで 独裁・独占・独善・独断 
ドイツ 独語・独文・日独・独逸
なかまのかんじ

犭のある漢字
虫のある漢字