書き順  
なりたち
 形声 音符は啇(てき)。啇は帝と口(さいで神への祈りの文である祝詞を入れる器の形)とを組み合わせた形で、祝詞を唱えて上帝を祀(まつ)る条件をそなえた身分の者をいい、嫡のもとの字である。上帝の子孫として、祭る条件にあてはまる、条件に「かなう、あたる」ことを適といい、適格(てきかく・資格にあてはまること。てっかくともよむ)、適正(条件や規準にかなっていること)という。あたる、目的とするの意味から「ゆく」の意味にも用いる。
そのほか
学 年 5年
画 数 14画
部 首 しんにょう
音読み しゃく(外)、ちゃく(外)・呉音
せき(外)、てき・漢音
てき・慣用音
訓読み かな-う(外)
用例 適度(てきど)
適所(てきしょ)
適量(てきりょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ゆく・おもむく 適帰・適従 
かなう 適応・適正・適性・適切 
心にかなう 快適・自適
なかまのかんじ

亠のある漢字
立のある漢字
冂のある漢字
十のある漢字
口のある漢字
古のある漢字
てき のある漢字 適5 敵5
辶のある漢字