書き順  
なりたち
 象形 糸たばをしばる形。糸たばの上下に小さな横木を通し、これを拗(ね)じって水をしぼる形で、糸たばの左右に水滴が滴(しした)る形をそえる。力を入れて強くしぼるので、「ひきいる」の意味となり、水を絞りつくすので「ことごとく、みな、おおむね」の意味となる。また、率順(服従すること)のように「したがう」の意味に用いる。
そのほか
学 年 5年
画 数 11画
部 首 げん
音読み すい(外)、そち(外)・呉音
すい(外)、そつ、りつ・漢音
訓読み ひき-いる
用例 引率(いんそつ)
定率(ていりつ)
利率(りりつ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ひきいる 率先・引率・統率 
したがう 率土 (そっと) ・率由 
あるがまま 率直・真率
にわかに 率爾・軽率・率然
割合 確率・高率・勝率・能率
だいたい 大率
かしら・おさ 将率 
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
亠のある漢字
幺のある漢字
十のある漢字