書き順  
なりたち
 形声 もとの字は總に作り、音符は悤(そう)。「説文」に「聚(あつ)めて束(つか)ぬるなり」とあり、糸の末端のところを結んで房(ふさ)のようにまとめることであるとする。「釈名」に「總は束髪なり」と、束ねた髪であるとする。「まとめる、あつめる、すべる(一つに集めまとめる)、すべて」の意味に用いる。また総督(軍司令官。また、植民地の政治・軍務を監督する長官)のように、一つにまとめて支配するの意味にも用いる。
そのほか
学 年 5年
画 数 14画
部 首 いとへん
音読み す(外)・呉音
そう・漢音
訓読み あつ-める(外)、すべ-る(外)
用例 総画(そうかく)
総会(そうかい)
総員(そういん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ひとつにくくる 総括・総合
全体を治める 総監・総裁・総長・総統 
すべての 総意・総数・総力・総額
ふさ 総角 ・総状花序
上総国、下総国 総武・房総・総州
なかまのかんじ

教科の漢字
小のある漢字
糸のある漢字
ハのある漢字
ムのある漢字
公のある漢字  公2 松4 総5
心のある漢字