書き順  
なりたち
 形声 もとの字は錢に作り、音符は戔(せん)。戔は細長い戈(ほこ)を重ねた形で、薄いものを積み重ねた状態をいう。銭は「銅貨、ぜに」の意味に用いるが、「説文」に「銚(すき)なり。古(いにしえ)の田器なり」とあるように、もとは農具の名であった。「詩経、周頌」は神田の耕作を歌う詩で、「乃(なんじ)の錢鎛(せんぱく・すきとくわ)を備えよ」の句がある。のち銭貨(ぜに)の意味となる。初めは小さな刀の形で、刀幣・刀布・刀貨といった。
そのほか
学 年 6年
画 数 14画
部 首 かねへん
音読み せん、ぜん(外)・呉音
せん・漢音
訓読み ぜに(中)
用例 路銭(ろせん)
銭湯(せんとう)
集銭(しゅうせん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ぜに・かね 金銭・古銭・銅銭・口銭 
貨幣の単位 一銭
なかまのかんじ

𠆢のある漢字
金のある漢字
三のある漢字
戈のある漢字