書き順  
なりたち
 象形 口の中から出ている舌の形。「した」をいい、「ことば」の意味にも用いる。甲骨文字の形はその先端が二つに分かれている形で、蛇の舌のように激しく動く舌であり、人の舌ではない。甲骨文には舌の病気を占うことを記したものがある。漢代の董藹(とうあい)という人は掌(てのひら)に書物の語を書き写し、舌で嘗(な)めてその語を記憶したが、これを舌学という。
そのほか
学 年 6年
画 数 6画
部 首 した
音読み ぜち(外)、ぜつ(中)・呉音
ぜつ・漢音
訓読み した
用例 口舌(こうぜつ)
舌下(ぜっか)
筆舌(ひつぜつ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
した 舌根・舌端・舌苔・舌下
ことば 舌戦・舌代・弁舌・毒舌
なかまのかんじ

人体の漢字
千のある漢字 
千1 活2 話2 辞4 舌5 乱6
口のある漢字
舌のある漢字  活2 話2 辞4 舌5 乱6