書き順  
なりたち
 形声 音符は制(せい)。制は茂った木の枝を刀(鋏・はさみ)で切りそろえことをいう。衣を裁(た)って衣服をつくることで製という。衣を「したてる」ことから、すべて「ものをつくる、つくる」の意味となる。物だけではなく、詩文をつくることも製撰(せいせん)のようにいい、帝王のつくった詩文・文書を御製(ぎょせい)という。
そのほか
学 年 5年
画 数 14画
部 首 ころもへん
音読み せ(外)・呉音
せい・漢音
訓読み した-てる(外)、つく-る(外)
用例 製品(せいひん)
製鉄(せつてつ)
和製(わせい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
物をこしらえる 製作・特製・製図・木製
なかまのかんじ

巾のある漢字
刂のある漢字
制のある漢字  制5 製5
衣のある漢字