書き順  
なりたち
 形声 音符は戠(しょく)。戠は戈(ほこ)に飾りをつけた形で、赤い織物などにつけてしるしとするという意味があった。金文の字形に首に戠をつけている形があるが、戠を耳につける形が職である。戦場で討ち取った敵の左耳を切り取って戦攻の証拠とするが、その左耳に帛(きぬ)の識(しるし)をつけることを示しているのが職である。識(しるし)をつけて戦功を取り扱うことを職というので、「つかさどる(職務として担当する)」の意味となり、「つとめ、しごと」の意味となる。
そのほか
学 年 5年
画 数 18画
部 首 みみへん
音読み しき(外)・呉音
しょく・漢音
訓読み つかさどる(外)
用例 官職(かんしょく)
職印(しょくいん)
職種(しょくしゅ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
つとめ・役目 職員・職掌・職責 ・重職
いとなみ・仕事 職業・職場・定職・定職
担当する 職域・要職・職務
手先を使う仕事 職工・職人・手職
律令制下の役所名 修理職・中宮職
なかまのかんじ

耳のある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
戈のある漢字
日のある漢字