書き順  
なりたち
 形声 音符は夋(しゅん)。「説文」に「酢(す)なり」とあり、酢の「すい」味をいう。厳しい味のものであるから、酸寒(きわめて貧しいこと)・酸苦(つらい苦しみ)のように用い、味覚のほかにも、はなはだしく程度をこえて苦痛の状態をいい、「くるしい、つらい、まずしい」の意味に用いる。酸は五味(食物の五種の味)の一つであるが、酸のほかの苦(にがい)・甘(あまい)・辛(からい)もその意味を感情に移して使われる。
そのほか
学 年 5年
画 数 14画
部 首 とり、とりへん、ひよみのとり、さけのとり
音読み さん・呉音
さん・漢音
訓読み す-い(高)
用例 酸素(さんそ)
酸度(さんど)
酸葉(すいば)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
すっぱい 酸敗・酸味・甘酸
いたましい 酸鼻・辛酸
酸性の化合物 胃酸・塩酸・炭酸・硫酸
酸素の略 酸欠・酸化
なかまのかんじ

酉のある漢字
厶のある漢字
夂のある漢字
允のある漢字  酸5