書き順  
なりたち
 会意 才と士とを組み合わせた形。才は表示として樹てた標木(目印(めじるし)の木)の形。標木の上部に小さな横木をつけ、そこにさい(神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形)をつける。これによってその場所が聖化され、神聖な場所として「ある」ことをいう。才は神聖な場所であること、神のある所を示す字であるが、それに士(小さな鉞の頭部の形)を聖器してそえて才を守り、神聖な場所としてあることを確認する。才が在のもとの字で、在は神聖なものとして「ある」の意味となり、のちすべて物が「ある」の意味、人が「おる」の意味ともなる。才に子を加え、聖化の儀礼によって子の生存が保障されることを存(ある、いきる)という。
そのほか
学 年 5年
画 数 6画
部 首 つち
音読み ざい・呉音
さい(外)・漢音
訓読み あ-る
用例 在席(ざいせき)
実在(じつざい)
所在(しょざい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
そこにある 在学・現在・存在・自在
住んでいる 在住・在所
いなか 在郷・ 近在
なかまのかんじ

才のある漢字  才2 材4 在5 財5 存6 閉6
ナのある漢字
土のある漢字