書き順  
なりたち
 会意 𨸏(ふ)と祭を組み合わせた形。𨸏(阝)はもとの とかき、神が天に陟(のぼ)り降りするときに使う神の梯(はしご)の形。その前の祭壇(示)に手(又)で肉を供えて祭ることをいう。そこは天から降りと来る神と人が相接する所で、際とは神人の際、「きわ(接するところ、物事の窮(つ)きるところ)」をいう。そこは神と人が「であう」所であるとともに、人が達することのできる極限の所をも意味する。それで際涯(はて)・天際(天のはて)のようにいう。仏教では金輪際(こんりんざい・大地の底。転じて、物事の極限。どこまでも。絶対に)という。
そのほか
学 年 5年
画 数 14画
部 首 こざとへん
音読み さい・呉音
せい(外)・漢音
訓読み きわ(高)
用例 際会(さいかい)
雲際(うんさい)
際目(さいもく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
きわ・はて 辺際・際涯・際限・分際
場合・おり・とき 際物・実際
接してまじわる 学際・交際・国際
出会う 際会
あい・あいだ 天地の際
ほど 分際(ぶんざい)
なかまのかんじ

小のある漢字
阝のある漢字
示のある漢字
夕のある漢字
又のある漢字
祭のある漢字  祭3 察4 際5

73 際 光020 東187 上046 きわ高