書き順  
なりたち
 会意 同と臼(きょく)と廾(きょく)とを組み合わせた形。同は酒杯。臼と廾はともに左右の手を並べた形。酒杯である同を両手で持ち、さらに下から両手で支え持って酒を注ぐことをいう。地霊(大地に宿る霊)を祀(まつ)るとき、大地に酒をふり注いで地霊に気づかせ、地霊をよびおこす儀礼を興という。神を祀るとき、神をよびおこすために酒を注ぎ、舞をした。「周礼」に「小祭祀には則(すなわ)ち興舞(こうぶ)せず」とあり、重要な祭祀には興舞を行った。地霊をよびおこすから「おこす」の意味となり、地霊がめざめることから、すべてのものが「おこる、はじまる、おこなう、さかんになる、おもむき」の意味となる。
そのほか
学 年 5年
画 数 16画
部 首 うす
音読み こう・呉音
きょう・漢音
訓読み おこ-る(高)、おこ-す(高)
用例 興行(こうぎょう)
作興(さっこう)
興味(きょうみ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
おこる・おこす 興亡・振興・復興・興隆
ふるいたつ 興業・復興・興奮
おもしろみ 一興・座興・即興・遊興
昂、亢の代用字 興奮
詩経の六義 興 (表現上の分類)
なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
臼のある漢字  興5
口のある漢字
同のある漢字  同2 興5 銅5