書き順  
なりたち
 形声 音符は冓(こう)。冓は同じ形の飾り紐(ひも)を上下に繋(つな)ぎ合わせた形で、組み合わせるの意味がある。木材を組み合わせて作ることを構といい、「つくる、しくむ、かまえる、くむ、くみあわせる」の意味となる。
そのほか
学 年 5年
画 数 14画
部 首 きへん
音読み ぐ(外)・呉音
こう・漢音
訓読み かま-える、かま-う
用例 構文(こうぶん)
構図(こうず)
構成(こうせい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
組み立てる 構成・構造・構築・構想
組み立て 機構・結構
かこい 構外・構内・遺構
かまう・かかわる 構(かま)う
なかまのかんじ

木のある漢字
冉のある漢字  構5 講5 再5
冓のある漢字  構5 講5