書き順  
なりたち
 形声 音符は見(けん)。古い文献に見えず、おそらくは顕(顯)の形声の字として作られたものであろう。偏の王はおそらく霊の力を持つ玉(ぎょく)。玉に糸飾りをつけて神霊の憑(よ)りどころとし、これを拝んでいる姿が顕。そこに神霊が顕(た)ち顕(あらわ)れるのである。現はこの顕に代わる字として、「あらわれる」の意味に使われたのであろう。「うつつ」とは、霊が現実に姿をあらわすことである。
そのほか
学 年 5年
画 数 11画
部 首 たまへん
音読み げん・呉音
けん(外)・漢音
訓読み あらわ-れる
あらわ-す
用例 実現(じつげん)
現代(げんだい)
現象(げんしょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
あらわれる 再現・体現・表現・出現
実際の・いまの 現行・現在・現実・現状
うつつ 夢現(ゆめうつつ)
なかまのかんじ

玉 王のある漢字
目のある漢字
儿のある漢字
見のある漢字 
見1 親2 覚4 観4 規5 現5 視6 覧6