書き順  
なりたち
 形声 音符は竟(きょう)。竟は音と人(儿・じん)とを組み合わせた形。音は言(神に誓い祈ることば)を神前に供えて祈り、その祈りに応(こた)える神の音ない(訪れ)、音によって示される神のお告げである。その音を捧(ささ)げる形が竟で、神のお告げがあれば、祈りは終わり、実現するのである。それで竟には、おわるという意味がある。おわるの意味を土地の上に移した境は、領地の終わるところ、すなわち「さかい」の意味となる。境はまた一定の状態にあることをいう。
そのほか
学 年 5年
画 数 14画
部 首 つちへん
音読み きょう・呉音
けい(中)・漢音
訓読み さかい
用例 心境(しんきょう)
苦境(くきょう)
魔境(まきょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
さかい 境界・越境・国境・四境
土地・場所 異境・環境・秘境・辺境
置かれた状態 境地・佳境・逆境・進境
社寺などの外囲い 境内
なかまのかんじ

土のある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
日のある漢字
儿のある漢字
音のある漢字
竟のある漢字  鏡4 境5