書き順  
なりたち
 形声 音符は干(かん)。正字は榦(かん)で、音は倝(かん)。倝は飾り物のある旗竿(はたざお)の形で、吹き流しがつけられている。㫃(えん)は倝と同じく旗竿に吹き流しをつけた形で、はたを意味する旂(き)・旆(はい)・旌(せい)・旗などはみな㫃の形にかかれ、それに音をそえた形声の字である。旗竿は旗の柱で、基本をなすものであるから、幹には「はしら、みき」の意味がある。また根本を「ただす」という意味もある。
そのほか
学 年 5年
画 数 13画
部 首 かん、いちじゅう
音読み かん・呉音
かん・漢音
訓読み みき
用例 幹囲(かんい)
幹線(かんせん)
体幹(たいかん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
木のみき 樹幹
物事の中心 語幹・基幹・根幹・幹流
取りしきる 幹事・主幹
取りしきる能力 才幹
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
植物の漢字
十のある漢字
日のある漢字
やねのある漢字
干のある漢字 
年1 岸3 幸3 平3 刊5 幹5 干6

26 幹 光058 東259 下119