書き順  
なりたち
 形声 音符は干(かん)。干にはおかすという意味があり、けずり除くことを刊という。木を「けずる」の意味に使うことが多く、刊行は書物の版木(はんぎ)を作り、木版で印刷して書物を出すことで、その関係の語に刊を使用することが多い。刊刻(刊行)・刊布(かんぷ・書物を刊行して配布すること)のようにいう。木版では、文字の訂正のときにその部分だけ刊(けず)り代えることができるので、文字の誤りを正すことを、刊誤・刊改・刊謬(かんびょう)のようにいう。
そのほか
学 年 5年
画 数 5画
部 首 りっとう
音読み かん・呉音
かん・漢音
訓読み けず-る(外)
用例 新刊(しんかん)
近刊(きんかん)
発刊(はっかん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
出版する 刊行・月刊・創刊・夕刊
けずる・ほる 刊誤・刊定
なかまのかんじ

干のある漢字 
年1 岸3 幸3 平3 刊5 幹5 干6
刂のある漢字
二のある漢字