書き順  
なりたち
 形声 音符は客(かく)。もとの字は頟(がく)に作り、音は各(かく)。「説文」に「頟は顙(ひたひ・ひたい)なり」とあり、「ひたい」をいう。「書経」に「晝夜(ちゅうや)に罔(な)く頟頟たり」とあって、頟頟とはせっせと悪事を続けるという意味である。うなずきながら動き回るというほどの意味であろう。ひたいは顔面のもっとも目立つところであるから、建物の正面のもっとも目立つところに掲げるものを額という。
そのほか
学 年 5年
画 数 18画
部 首 おおがい
音読み ぎゃく(外)・呉音
がく・漢音
訓読み ひたい
用例 額面(がくめん)
全額(ぜんがく)
残額(ざんがく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ひたい 前額部
がく 額縁・勅額・扁額・篆額
金銭上の数値 価額・巨額・金額・半額
物の量 産額
ぬか(ひたい) 額づく
ひたい・びたい 額際・富士額
なかまのかんじ

人体の漢字
宀のある漢字
夂のある漢字
口のある漢字
各のある漢字
客のある漢字  客3 額5
八のある漢字
目のある漢字
頁のある漢字