書き順
なりたち
 形声 もとの字は溪に作り、音符は奚(けい)。字はまた谿(けい)・磎(けい)に作り、山間の谷の流れ、「たに」をいう。そのような渓谷(谷間・たにま)の水は清らかであるので、そこに生える水草は祭祀(さいし・祭り)のときに神に供えられ、「㵎谿(かんけい・渓流)沼沚(しょうし・沼のほとり)の毛(水草)」を神に供えたことが古い書物にみえる。奚は人が辮髪(べんぱつ・頭髪の周囲を剃(そ)り、残った中央の髪を編んで細長く垂らした男の髪型)をした形であるので、細くよれよれした状態をいう字であろう。
そのほか
画 数 11画
部 首 さんずい
音読み け(外)・呉音
けい・漢音
訓読み たに(外)
用例 渓谷(けいこく)
渓流(けいりゅう)
雪渓(せっけい)


なかまのかんじ

自然の漢字
氵のある漢字
爪のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
夫のある漢字