書き順
なりたち
 会意 戸と攴(ぼく・攵)と口を組み合わせた字。戸はその中に神を祭っている神棚(かみだな)の片開(かたびら)きの扉。口はさいで、神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の形。攴は小枝を持って打つ意味であるが、古い字形は又(ゆう・手の形)に作るものが多い。 さいを神棚の扉の中に匿(かく)して祈ることによって、神の啓示(お告げ)はその扉の中に示される。それで神棚の扉を手で、「ひらく」こと、また扉の中の神の啓示を見ることを啓という。神の啓示をうることから、啓上・啓奏・啓白(申し上げること)の意味に用いる。のちすべて「ひらく」の意味に用い、啓蒙(けいもう・人々の無知をきりひらき、知識を与える)のようにいう。神の啓示を受け、それによって始めることを肇(ちょう・はじめ、はじめる)という。
そのほか
画 数 11画
部 首 くち
音読み け(外)・呉音
けい・漢音
訓読み ひら-く(外)
もう-す(外)
用例 啓発(けいはつ)
啓明(けいめい)
啓上(けいじょう)


なかまのかんじ

尸のある漢字
戸のある漢字
攵のある漢字
口のある漢字