書き順
なりたち
 形声 もとの字は勳に作り、音符は熏(くん)。古い字形では勛(くん)に作る字がある。員は円い鼎(かなえ・もと食物を煮る青銅器で、祭器として用いる)の形で、力(りょく)は耒(すき)の形であるから、勛は農耕のことに関して褒賞する(ほめたたえる)ことであったかもしれない。およそ二千八百年前の青銅器である「毛公鼎」の銘文の中に、爵(しゃく)で酒をそそぎ、賜(たま)う形に作られている字があるが、これが勲のもとの字であろう。何かの功績に対して酒を賜い、手柄をほめているのかもしれない。鼎や爵が薫の形に変わり、形声の字である勲の字が作られたのであろう。勲は、「いさお・いさおし(功績・手柄)」の意味に使う。
そのほか
画 数 15画
部 首 れっか(れんが)
音読み くん・呉音
くん・漢音
訓読み いさお(外)
用例 勲功(くんこう)
勲章(くんしょう)
叙勲(じょくん)


なかまのかんじ

道具に由来する漢字
里のある漢字
重のある漢字  重3 動3 種4 働4
力のある漢字
灬のある漢字