書き順
なりたち
 形声 音符は具(ぐ)もとの字は懼(く)で、音符は瞿(く)。瞿は鳥が左右をみておどろくさま。おそらく鳥の様子で卜(うらな)う鳥占いの習俗を背景に持つ字であろう。「おそれる、おどろく」の意味となり、恐懼(きょうく・おそれること)のように用いる。惧は懼の俗字。具は鼎(かなえ・もと食物を煮るための青銅器で、祭器としてもちいた)を両手でささげ持つ形。国語では危惧(きぐ・あやぶみおそれる)と使う。
そのほか
画 数 11画
部 首 りっしんべん
音読み ぐ・呉音
く(外)・漢音
訓読み おそ-れる(外)
用例 危惧(きぐ)
疑惧(ぎぐ)


なかまのかんじ

忄のある漢字
八のある漢字