書き順
なりたち
 形声 音符は金(きん)。帛(はく)はきぬ、しろぎぬをいう。錦は「にしき、あやおり」をいう。色糸や金銀の糸を使って美しい模様を織りだした絹織物である。古く中国では、蜀(しょく・江西省)の地の特産とされ、蜀錦という。錦雲(美しい雲)・錦心(美しい心)のように、「うつくしい」の意味にも用いる。
そのほか
画 数 16画
部 首 かねへん
音読み こん(外)・呉音
きん・漢音
訓読み にしき
用例 錦衣(きんい)
錦雲(きんうん)
錦秋(きんしゅう)


なかまのかんじ

𠆢のある漢字
金のある漢字
白のある漢字
巾のある漢字
帛のある漢字 綿5