書き順
なりたち
 象形 斧(おの)の形。わが国では手斧(ちょうな・ちょうなは、ておのの変化したもの)とよばれているもので、木を伐採するのに使用する。斤は武器としても使用され、斤を両手で振りかさしている形は兵(兵器。兵士)である。「荘子」に、斤を運(めぐ)らせて(うごかして)婦人の鼻の上に塗った白土を削りり落としたいという名人芸の話があり、人の作品を上手に添削して仕上げることを運斤という。斤は重さの単位としても使う。
そのほか
画 数 4画
部 首 にすい
音読み こん・呉音
きん・漢音
訓読み おの(外)
用例 斧斤(ふきん)
斤量(きんりょう)
斤目(きんめ)


なかまのかんじ

武器の漢字
斤のある漢字