書き順
なりたち
 形声 音符は喬(きょう)、喬は高(ものみやぐらのある城門)の上に神を招く標木(目印の木)を立てる形。楼門のように呪禁(まじない)を施すことによって悪邪を正すると考えられた。「説文」には曲がった矢をまっすぐする箝(かん・はめき)であるとするが、矢をまっすぐにすることは寅(いん・つつしむ)といい、矢の左右に手を加えている形である。矯は古くは矯枉(きょうおう・事実を偽り曲げること)のように「いつわる」の意味に用いた。「ためる(曲がっているものをまっすぐにし、まっすぐなのを曲げて形をととのえる)、改め直す」の意味はのちの使い方である。
そのほか
画 数 17画
部 首 やへん
音読み きょう・呉音
きょう・漢音
訓読み た-める
用例 矯正(きょうせい)
奇矯(ききょう)
矯飾(きょうしょく)


なかまのかんじ

建物に由来する漢字
矢のある漢字
冂のある漢字
口のある漢字
夭のある漢字 橋3 笑4 奏6
喬のある漢字 橋3