書き順
なりたち
 形声 音符は兄(けい)。兄は音であるが、もとは家の長男として神の祭りを担当した者で、神の祭りをした人を祝(はふり)という。祝は神に仕え、神を降ろし迎えることができた。祝の祈りに応(こた)えて神が降りてきているかのような状況(ありさま、様子)を、惝況(しょうきょう・うっとりとすること、意識がぼんやりすること)という。それで況は、「ありさま、ようす」という意味に用いる。
そのほか
画 数 8画
部 首 さんずい
音読み こう(外)・呉音
きょう・漢音
訓読み いわんや(外)
まして(外)
ありさま(外)
用例 概況(がいきょう)
現況(げんきょう)
実況(じっきょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ありさま 活況・近況・景況・好況
たとえる 比況
強調の助字 況(いわ)んや
なかまのかんじ

氵のある漢字
口のある漢字
儿のある漢字
兄のある漢字