書き順  
なりたち
 形声 音符は列(れつ)。列は人の首を切り,切り取った頭骨を並べることをいう。並べて呪禁(じゅきん・悪霊を祓(はら)う呪(まじな)い)とすることを例という。もとは「たぐい、ためし」の意味であろうが、のち「しきたり、ならわし」の意味に用いる。国語では「たとえる、れい」とよみ、例(たと)えば、例(れい)の場所のようにいう。
そのほか
学 年 4年
画 数 8画
部 首 にんべん
音読み れ(外)・呉音
れい・漢音
訓読み たと-える
用例 例祭(れいさい)
事例(じれい)
実例(じつれい)
なかまのかんじ

イのある漢字
夕のある漢字
歹のある漢字 
死3 列3 残4 例4
刂のある漢字