書き順  
なりたち
 象形 枝が茂っている木の形。その伸びている枝を刀(鋏、はさみ)で切って剪定(せんてい)することを制といい、衣を裁って衣服を作ることを製という。「いまだ~ず、いまだ」の意味にもちいるのは仮借(かしゃ)の用法である。十二支の「ひつじ」の意味にも用いる。
そのほか
学 年 4年
画 数 5画
部 首
音読み み・呉音
び(外)・漢音
訓読み いま-だ(外)、ひつじ(外)
用例 未来(みらい)
未知(みち)
未開(みかい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
まだ…しない 未来・未開・未定・未満
十二支の8番目 丁未 ・未申
なかまのかんじ

木のある漢字
二のある漢字
未のある漢字 
妹2 来2 味3 未4 株6