書き順  
なりたち
 象形 人の腹の中に胎児のいる形。勹(ほう)は、横から見た人の形。巳(し)は胎児の形で、上部は頭の形であるから、常用漢字の字形のように己(こ・直角に曲がった定規に似た道具の形)の形になると胎児の形でなくなってします。「はらむ(妊娠する)」の意味から、「つつむ、いれる」の意味となる。孕(よう・はらむ)は大きな腹の中に胎児がいる人を横から見た形であり、身は妊娠している人を横から見た形である。
そのほか
学 年 4年
画 数 9画
画 数 5画
部 首 つつみがまえ
音読み ひょう(外)・呉音
ほう・漢音
訓読み つつ-む
用例 包囲(ほうい)
包帯(ほうたい)
内包(ないほう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
つつみ 包装・包皮・包容・薬包
一まとめにする 包括・包含
庖の代用字 包丁
なかまのかんじ

人体に由来する漢字
勹のある漢字
己のある漢字
包のある漢字  包4