書き順  
なりたち
 会意 冊と丌(き)とを組み合わせた形。冊はもと柵の形であるが、竹簡・木簡(文字を書いた細長い竹や木の札)を編んだ形が柵の形に似ているので、書物の意味に用いる。丌は物置き台の形。机の上に書物を置く形が典で、「ふみ、書物」の意味となる。古代の書は手本とすべきものとして尊ばれたから、「のり(規則、おきて、手本)、のっとる(手本とする)」の意味に用いる。
そのほか
学 年 4年
画 数 8画
部 首 はち
音読み てん・呉音
てん・漢音
訓読み -
用例 古典(こてん)
典経(てんけい)
典型(てんけい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
基本となる書物 原典・辞典・出典・文典
基準。手本 典例・楽典・通典・法典
手本どうりの儀式 盛典・祝典・祭典・式典 
規則にかなう 典雅
質に入れる 典物
職務をあずかる 典獄・典薬 
特別の扱い 栄典・恩典・特典
奠の代用字.供え物 香典
なかまのかんじ

八のある漢字
冂のある漢字
曲のある漢字 
曲3 農3 典4 豊5