書き順  
なりたち
 形声 音符は中(ちゅう)。「説文」に「中なり」とあるのは、兄弟の順序で仲(なか)の子の意味である。兄弟の順序は、殷(いん)代では大・中・小といい、周代では伯・仲・叔・季という。殷代に兄弟の中の子をいう字は、中軍の旗の中と区別して、旗竿(はたざお)の上下に吹き流しをつけていない。篆文の字形が さいに従うのは誤りである。「なか」の意味に使うが、国語では仲間(一緒に物事をする人。友達)のように、人間関係をいうときに用いる。
そのほか
学 年 4年
画 数 11画
部 首 にんべん
音読み じゅう・呉音
ちゅう・漢音
訓読み なか
用例 仲人(ちゅうにん)
四仲(しちゅう)
仲商(ちゅうしょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
なかだち 仲介・仲裁
兄弟の二番目 仲兄・伯仲 
まんなか 仲秋・仲春 ・仲陽・仲冬
なかまのかんじ

イのある漢字
口のある漢字
中のある漢字  中1 虫1 仲4 遺6 貴6 忠6