書き順  
なりたち
 形声 音符は直(ちょく)。直に値(ち・あたい)の音がある。上部は网(モウ・網の形)で、直に植(た)てるの意味がある。網を植てる、かすみ網などを立てかけておくことを置という。「呂氏春秋」に「湯(とう・殷王朝の初代の王)、祝(いの)りて、網する者の、四面に置くを見る」とは、四面に鳥の網を張りめぐらすことをいう。網を立てかけておくことから「おく、すえおく、もうける」などの意味に用いる。
そのほか
学 年 4年
画 数 13画
部 首 あみがしら、あみめ
音読み ち・呉音
ち・漢音
訓読み お-く
用例 配置(はいち)
位置(いち)
定置(ていち)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
おく。そなえる 安置・装置・対置・留置
機関を設ける 存置・廃藩置県
しまつする 処置・ 措置
すておく 放置 
なかまのかんじ

罒のある漢字
十のある漢字
目のある漢字
直のある漢字  直2 植3 置4 値6