書き順  
なりたち
 形声 もとの字は續に作り、音符は賣(しょく)。「説文」に「連なるなり」とあり、続は糸が連続する(連なり続く)ことをいう字である。のちひろく「つづく、つづける、つらなる」の意味に用いる。属と音・意味の近い字である。
そのほか
学 年 4年
画 数 13画
部 首 いとへん
音読み ぞく・呉音
しょく(外)・漢音
訓読み つづ-く、つづ-ける
用例 続出(ぞくしゅつ)
続行(ぞっこう)
続命(しょくめい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
つづける 後続・持続・断続・連続
つづき 続編
なかまのかんじ

小のある漢字
糸のある漢字
士のある漢字
冖のある漢字
儿のある漢字
売のある漢字  読2 売2 続4