書き順  
なりたち
 象形 木の上の鳥の巣の中に雛(ひな)がいる形。巣の中の鳥の雛の首が三つ並んで見える形で、「す、すくう(すつくる)」の意味となる。古い時代には、人も木の上に住むことがあり、これを巣居といった。窟(くつ・あな、いわや)の中に住むことを巣窟といい、悪党・盗賊などがひそかに隠れ住む所の意味にも用いる。
そのほか
学 年 4年
画 数 11画
部 首 つ、つかんむり
音読み じょう(外)・呉音
そう(中)・漢音
訓読み
用例 就巣(しゅうそう)
魚巣(ぎょそう)
原発病巣(げんぱつそう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
営巣・燕巣・帰巣性
かくれが 巣窟 ・賊巣
あつまる 精巣・病巣・卵巣 
なかまのかんじ

ツのある漢字
巛のある漢字  巣4 災5
田のある漢字
木のある漢字
果のある漢字  果4 課4 巣4