書き順  
なりたち
 会意 肰(ぜん)と火(灬)とを組み合わせた形。肰は月(肉の省略形)と犬とを組み合わせた形で、犠牲(いけにえ)として供えられた犬の肉。それに火を加えて焼く形が然で、肉がもえる、「もえる」の意味となる。犬の肉を焼く臭(におい)は天上の神が好まれるとかんがえられ、犬と米を供え、犬の肉を焼いてその臭を天に昇らせる上帝を祭る祭りを類という。然がその音を借りて「しかり、しかれども、しこうして」などの意味に用いられるようになって、然にさらに火を加えた形声の字の燃が作られ、もえるの意味に使われた。
そのほか
学 年 4年
画 数 12画
部 首 れんが、れっか
音読み ねん・呉音
ぜん・漢音
訓読み しか-り(外)、さ-る(外)
しこう-して(外)
用例 自然(しぜん)
全然(ぜんぜん)
天然(てんねん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
そのとおり 当然・同然・必然・未然
状態を表す語 突然・騒然・断然・平然
接続の助字 然し・然るに・然も
なかまのかんじ

夕のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
犬のある漢字 
犬1 然4 状5 燃5
灬のある漢字