書き順  
なりたち
 形声 金文の字形は生の下に目をかく形で、音符は生(せい)。のち生が少の形となる。それで生(せい)・少(しょう)の二音があるが、生・少は本来は眉(まゆ)に飾りを加えた形ではないかと思われる。目の呪力(じゅりょく・まじないの力)を強めるために眉飾りをつけることが多いからである。その呪力のある目で巡察すること、見まわることを省という。金文には「省道」の語があり、道路を巡察して清め祓(はら)うという意味である。巡察することから、省察(自分の行為や生活をかえりみて、善悪・是非を考えること)・反省(自分の行為をかえりみること)のように「かえりみる、みる」の意味に用いる。巡察して取り除くべきものをとりさることから、「はぶく、へらす」の意味となり、省略(しょうりゃく・はぶいて簡単にする)のようにいう。
そのほか
学 年 4年
画 数 9画
部 首 めへん
音読み しょう・呉音
せい・漢音
訓読み かえり-みる(中)、はぶ-く
用例 反省(はんせい)
内省(ないせい)
省力(しょうりょく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
かえりみる 三省・省察・自省
安否を問う 省問・帰省
はぶく 省力・省略 ・省文・冠省
国の行政機関 本省 ・○○省
なかまのかんじ

小のある漢字
少のある漢字
目のある漢字