書き順  
なりたち
 形声 音符は昭(しょう)。昭はもとの字は卲(しょう)に作り、降下するを迎えて拝む形で、霊威の明らかなことをいい。あきらか、かがやくの意味となる。そのかがやく光を示すために昭の下に火(灬)を加えた。「書経」に「日月の照臨するが若(ごと)し」とあって、四方を照らすことをいう。「てる、てらす、あきらか」の意味となる。光によってものを明らかにすることから、照応(一つの物と他の物が互いに対応すること)・照合(書類などを照らし合わせること)・対照(他の物と照らし合わせること)のように、両者の関係についていうことが多い。国語では「てれる」とよみ、照れ笑いのようにいう。
そのほか
学 年 4年
画 数 13画
部 首 れんが、れっか
音読み しょう・呉音
しょう・漢音
訓読み て-る、て-らす
て-れる
用例 照準(しょうじゅん)
照合(しょうごう)
照会(しょうかい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
てる。てらす 照射・照明・照覧・遍照
日の光 残照・晩照・返照
てらしあわせる 照応・観照・参照・対照
写真に写す 照影・小照
なかまのかんじ

日のある漢字
刀のある漢字
口のある漢字
召のある漢字  昭3 照4 招5
灬のある漢字