書き順  
なりたち
 形声 音符は竟(きょう)。「かがみ」をいう。かがみは古くは水鏡(みずかがみ。器に水を入れ、その水面に顔や姿をうつして見るかがみ)を使ったので鑑といった。監が鑑のもとの字である。銅で作った鏡面の最も古いものは三千三百年余り前の殷(いん)代の王である武丁の妃(きさき)とされる婦好の墓から出土しており、青銅器時代に入るとともに青銅などの金属で作った鏡が登場し、次第に精巧で美しいものが作られるようになった。
そのほか
学 年 4年
画 数 19画
部 首 かねへん
音読み きょう・呉音
けい(外)・漢音
訓読み かがみ
用例 鏡台(きょうだい)
鏡面(きょうめん)
雲鏡(うんきょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
姿を映し見る道具 神鏡・明鏡・凸面鏡
レンズのある器具 眼鏡・検鏡・望遠鏡
手本・模範 鏡鑑
かがみ 鏡板・手鏡・水鏡
なかまのかんじ

やねのある漢字
金のある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
日のある漢字
儿のある漢字
音のある漢字
竟のある漢字  鏡4 境5