書き順  
なりたち
 形声 音符は幾(き)。幾は邪悪なものを祓(はら)う力のある糸飾りのついている戈(ほこ)で、これを用いて悪霊などがひそむのを調べ、問いただすことができるとされた。「しかけ、ばねじかけ」や「はたらき」のある道具を機・機械といい、そのはたらきを機能という。古い機械では織機(布を織る機械。はた)が代表的なものである。
そのほか
学 年 4年
画 数 16画
部 首 きへん
音読み け(外)・呉音
き・漢音
訓読み はた
用例 機運(きうん)
機会(きかい)
心機(しんき)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
布を織る装置 機業・織機
からくり 機械・機関・機器
物事の仕組み 機構・機能・無機・有機
物事を動かす中心 機軸・枢機・万機
細かで見えにくい 機微・機密・軍機
物事の起こる兆し 機運・好機・時機・危機
心のはたらき 機嫌・機知・機敏・動機
「飛行機」の略 機首・機首・機体・敵機
かなめ 機軸・機密
おり・わな 機穽
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
木のある漢字
幺のある漢字
人のある漢字
戈のある漢字