書き順  
なりたち
 形声 もとの字は覺につくり、音符は𦥯(カク)。学校の校舎は棟(むね)に千木(ちぎ・交叉(こうさ)した木)があり、メの下に介(下図)が學のもとの字。教え導くので左右に手(臼・きょく)を加えて𦥯となり、その下に学ぶ子を加えて學になった。𦥯には学ぶという意味があり、学ぶことによって知見(知識)が得られるので、𦥯の下に見を加えて知覺(さとること)の字に用いる。「さとる、めざめる、さめる」の意味に用いる。国語では「おぼえる」とよみ、顔を覚える、身に覚え(心当たり。また、経験)のないのように使う。
學のもとの形
そのほか
学 年 4年
画 数 12画
部 首 みる
音読み かく、きょう(外)・呉音
かく、こう(外)・漢音
かく・慣用音
訓読み おぼ-える
さ-ます、さ-める
用例 不覚(ふかく)
自覚(じかく)
色覚(しきかく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
意識 加害・危害・傷害・侵害
さとる 才覚・正覚・先覚・直覚
人に気づかれる 発覚
眠りから目ざめる 覚醒
なかまのかんじ

建物に由来する漢字
ツのある漢字
冖のある漢字
目のある漢字
儿のある漢字
見のある漢字 
見1 親2 覚4 観4 規5 現5 視6 覧6