書き順  
なりたち
 象形 木の上に実(み)がついている形。木(こ)の実(み)をいう。花が咲き終わって果実となるので、成長を「果(は)たし」、その結果(実を実らせること。はて)として果実が収穫されるのである。ことを果たすことから、最終の状態を決断する意味にも使う。「このみ、くだもの、はたす、はてる、はて」の意味に用いる。
そのほか
学 年 4年
画 数 8画
部 首
音読み か・呉音
か・漢音
訓読み は-たす、は-てる、は-て
用例 果実(かじつ)
果肉(かにく)
青果(せいか)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
木の実 果樹・果汁・結果・落果
原因から生じる 果報・因果 ・効果・成果
仏教の悟りの境地 仏果
思い切ってする 果敢・果断
予想どおり 果然
なかまのかんじ

植物の漢字
田のある漢字
木のある漢字
果のある漢字  果4 課4 巣4