書き順  
なりたち
 形声 音符は意(い)。意に、憶(おく・おもう)・臆(おく・おしはかる)の音がある。意は音と心を組み合わせた字で、音は祈って神意を問うのに答えて、神がかすかな音を立てて神意を示すことをいう。音とは神のお告げである。その音がなにを意味するかを推測し、神意をおしはかり、考えることを意という。古くは意を億・憶(おもう・はかる)の意味に用いた。億はもとの「おもう・はかる」の意味から移り変わって、数の名に使うようになった。
そのほか
学 年 4年
画 数 15画
部 首 にんべん
音読み おく・呉音
よく(外)・漢音
訓読み -
用例 一億(いちおく)
億万(おくまん)
億劫(おくこう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
一万の一万倍 一億・百億・千億
数の多いこと 億兆・億載・巨億
おしはかる 億測・億断 
安んじる 供億
なかまのかんじ

数の漢字
イのある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
日のある漢字
心のある漢字
音のある漢字
意のある漢字  意3 億4