書き順  
なりたち
 会意 𡕠(あい)と心とを組み合わせた形。後ろを顧みてたたずむ人の形である𡕠の胸のあたりに、心臓の形である心を加えた形。立ち去ろうとして後ろに心がひかれる人の姿であり、その心情を愛といい、「いつくしむ」の意味となる。国語では「かなし」とよみ、後ろの人に心を残す、心にかかることをいう。それより愛情の意味となった。はっきりしない、ぼんやりした状態を僾(あい・ほのか)という。日がかげり薄暗いことを曖(あい・かげる、くらい)といい曖昧のようにいう。
そのほか
学 年 4年
画 数 13画
部 首 こころ
音読み あい、お(外)・呉音
あい・漢音
訓読み め-でる(外)、いつく-しむ(外)
用例 最愛(さいあい)
自愛(じあい)
慈愛(じあい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
思いこがれる 敬愛・恋愛・情愛・親愛
異性を恋いしたう 愛慕・求愛・恋愛 
好む・したしむ 愛好・親愛・愛用・愛読
おしむ 愛惜・割愛
大切にする 愛蔵・自愛・愛顧・ 愛護
まな 愛娘(まなむすめ)
アイルランド 愛蘭
なかまのかんじ

都道府県の漢字
人体に由来する漢字
爪のある漢字
冖のある漢字
心のある漢字
夂のある漢字
愛のある漢字  愛4